So-net無料ブログ作成

第31回賢治童話人体交響劇発表会 [ものがたり文化]

あります。
16日です。今週末。
出演します。
『狼森と笊森、盗森』(おいのもりとざるもり、ぬすともり)
『烏の北斗七星』(からすのほくとしちせい)

■1月16日(日) 第31回賢治童話人体交響劇発表会 
時間:開場12:30 開演13:00
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟・小ホール

プログラム
1.『北守将軍と三人兄弟の医者 葛飾ものがたり文化の会
2.『水仙月の四日』 小泉パーティ(多摩市)
3.『鹿踊りのはじまり』 久保寺パーティ(横須賀市/横浜市)
4.『山男の四月』 根本パーティ(我孫子市)
5.新年俳句会 抄句・川田由美子氏(俳句十代主宰)
6.『楢ノ木大学士の野宿 野宿第三夜 前田パーティ(足利市)
7.『狼森と笊森、盗森』 林パーティ(調布市)
8.『烏の北斗七星』 関東楢ノ木会
9.合唱「白いうた青いうた」より
新年俳句会はどなたでも参加できます。当日会場に投句用紙を用意しますので、ふるってご参加ください。

烏は、昨日出ることが決まりました。
いつもこのパターンだから、嫌いなんだこの話。(←自分が悪いのに)
でも、「わたくしはわたくしにきまつたやうに力いつぱいたたかひます」
というセリフが前回やった時からなんとも気になっちゃって。
あと、自分がもらったセリフは一箇所しかないんだけど、
まーかなり本気ですよ。今回は。感情移入度としては。

オイノ森は、去年の秋からずーっと練習して来てたんだけど、
なかなか。
注目は初舞台の小一男子演じる山男。やっぱり役者の血というのがあるのかも。
しかし、そこに頼ってはいけないんだけれども。
あとはベテランだからね。
ある意味で限界芸術でしょう。体力的に。使い方間違ってるけど。
演劇をやってるつもりがなくても、小学生低学年から、
5年、10年、15年、20年、30年やるとこんな風になりますよ、ということ。

これはやっぱり、「賢治童話」「人体交響劇」だからできることなのか。
そういう一つの方法なんでしょうけど。
プロによる純粋芸術ではないし、一般向けの大衆芸術でもない。
普通の人がやってるという意味では限界芸術なんだけど、
それがそんなに端っこではないし、おもしろいんだな。
いつもたどり着いてない感じ、というのが結構大事で、
だからみんなやめられないんじゃないかと思う。

未完成の魅力。ぜひ観にきてください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。