So-net無料ブログ作成
検索選択

大久野はたけの日々11月 [田畑]

今年は、なんだかいつもより寒い気がする。
畑でがんばっていた夏の野菜も11月初めにはほとんど実がならなくなった。なぜだか一株だけ残っていたズッキーニが元気を取り戻して、今月になってから2本収穫することができた。
お米は脱穀も終わり、籾すり、精米をして今年の新米を食べることができた。味はおいしいが、香りが少し足りないような気がした。精米の仕方のせいか。うちでは循環式精米機(摩擦式精米機ともいう)を使い、玄米同士に圧力をかけるという方法で30kgを1時間ほどかけて精米する。お米屋さんの精米は、研削式精米機というもので砥石状のロールで研磨する方法で短時間で精米ができる。精米機にかけている時間の調整で七分づき米や白米に変わるのだが、少し急いだために七分づきぐらいになってしまったのかもしれない。これはこれで。籾すり機も精米機もないとすると臼を使うか、一升瓶かなど、それだけで大変な仕事になる。
そういえば、脱穀のときにも現在の機械に至るまでのさまざまな道具をみんなに見てもらった。動力がないものはまず千歯こき(江戸時代~)。細かい歯にお米の穂の部分だけを通して、バラバラと落としていく。現在も種籾を穫るためには籾を傷つけないようにこの千歯こきを使う。そして次が、足踏み脱穀機(大正時代~)。足で踏み続けて「こぎ胴」と呼ばれるドラムを回転させることによって、脱穀をする。こちらも大豆の脱穀などのときには今も現役である。次が電気で動く自動脱穀機。ここから、唐箕の送風による選別(「風選」という)の機能も機械が担い、作業の効率が格段に上がる。そして現在使っているのがコンバイン。コンバインの機能としては、通常は田んぼで稲を刈りその場で脱穀をする、というものなのだが、私たちの田んぼでは水が多いことからコンバインを田んぼには入れられないし、また籾を乾燥させるための乾燥機も近くにないために、コンバインをハーベスターとして使っている。ハザ干しした稲束を機械に入れるとこぎ胴が回転して脱穀し、風選によって籾だけが専用の袋に入っていく。機械がトラブルなく働けばとっても楽だ。とはいえ、一度この脱穀を一人でやったことがあるが、なかなか大変だった。ワラを送る人、機械の動きを見る人、ワラを出してまとめて縛る、いろいろな役割を何人かで分担すると大変効率が良くなる。
今年の脱穀では、いつも田んぼでは遊んでしまう子どもたちが、ワラを運んだり、機械に入れたりと積極的に手伝ってくれたのが印象的だった。米作りは、現代でもしばしばこうした共同作業の大切さ、おもしろさのヒントになるということが再認識できた脱穀だった。

大久野はたけの日々10月 [田畑]

大久野はたけの日々 10月22日
空が高くて雲の表情が豊かになっているのを見ると秋っていいなあ、と思う。空気は澄んでいるし、日差しも随分とおだやかになって外に出ることが楽しみになる。先日久しぶりに自転車のタイヤを交換した。そろそろ、ランニングも再開したい。
そして、実りの秋の象徴、稲刈りも無事に終わった。今年の猛暑にも負けずにほぼ例年並みの収穫となっているようだ。ボランティアを呼びかけて、田んぼ作業の一番人気(人を呼べるの)がこの稲刈りと田植えである。特に私は自分自身が初めて体験した稲作作業が稲刈りだったので、その感動、楽しさ、というのが今でも強く残っている。
初めての稲刈りは、大学2年で行った社会調査実習での石川県輪島の千枚田での稲刈りだった。偶然立ち寄った農協の人に「今日千枚田で稲刈りできるよー」と紹介していただき、飛び入りで稲刈りに参加した。日本海からの潮風を受けながら、一畳にも満たないような棚田が幾重にも連らなるその場所に立ったとき、全く今まで知らなかった風景に圧倒された。そして、そこで鎌を使ってザックザックと稲を刈る人びとの姿。格好良かった。2回目は、山形県の高畠での稲刈り。有機農業が盛んな地域で、生産者と消費者の「顔が見える関係」を教えてもらった。どうしても消費者が優位になってしまうような構造では、生産者のやりがいは生まれない。誰が、誰のために、どのようにお米を作るのか、何となく当たり前になってしまっていた「ご飯を食べる」ということの大切さを考えるきっかけとなった。そして、3回目が現在使っている日の出町の田んぼである。おじいさんたちと若者とが一緒に田んぼのが泥にまみれて教えてもらながら作業をするのが楽しかった。
田んぼの作業はお互いに協力しなければ成り立たない。そのことをみんなで考えながら、これからもお米をつくり続けられるといいと思う。

大久野はたけの日々3 [田畑]

先日の台風4号の影響で、日の出、あきる野では大きく育ったトウモロコシが倒されてしまった。うちのはまだまだ小さいので、あまり影響はないとは思うが、どうだろうか。あんまりこういう被害の景色は見たことがないので、やはり6月の台風というのは珍しいのだろう。
今年も比較的雨の多い、梅雨らしい梅雨が続いている。近年この傾向が続いているような気がする。ここで思い出すのが、「雨の量は決まっている」、と僕の畑の先生のおじいさんが教えてくれた言葉だ。雨が続けば、いずれは日照りのようになるし、日照りが続いても、やがてまとまった雨が降る。定期的に雨が降るような天気もある。いずれにしても、確かに毎日の天気を気にしてみると、意外とバランスをとるような傾向はある。実際、去年は梅雨前半の6月は雨が多かったが、7月に入ってぱったりと降らない日が続いた。そのために、7月の田んぼの草取りができず大変な苦労をしたから覚えている。今年は、7月も雨が多いという長期予報だったが果たしてどうか。どっかで、ぱったりと止んで暑くなるような気がするから、気をつけましょう。
僕たちが作っている田んぼは、谷津田(やつだ)と呼ばれている。地域によっては、谷戸田(やとだ)というところもあり、ヤツ/ヤト/ヤチ(谷地)というのは元々同じ意味で、山すその谷間にある湿地のことである。日の出町のように山が迫っている地域では、平地よりも水が確保しやすい谷津に田んぼを作ってきた。平地のように水路が整備されているわけではなく、山の水頼り、もっと言えば雨水、天水頼りだ。だから、田植えは梅雨入り直前の6月上旬と決まっていて、それによって収穫は、9月下旬から10月上旬と決まっている。山からの水は冷たいので、上の田んぼの稲はなかなか生長しない。また、日照りが続くと山の水も涸れて、田んぼがヒビ割れ何とも悲惨な状態になる。ただ一方で、山からの栄養を集めた水で育つのでおいしいお米ができる、ということも言われている。確かに、自分たちで種をまき、植え、草を取り、刈り取り、干し、脱穀したお米はおいしい。食べ物の味というのは、何で決まるのか。「顔が見える」ということは、単に顔写真がついているということだけではなくて、誰が、どういう思いで、どのように作物を作っているのか、誰が、どういう思いで、どのように料理し、誰と食べているのか、がわかることなのだろう。ともかく、大久野谷津田米はこうして今年もいろんな人の手によってすくすくと育っている。

大久野はたけの日々2 [田畑]

4月から、生協の地域会報にコラムを書かせてもらうことになりました。
書く練習になると思って。
何となく書いたことあるようなことも出るかもしれませんが、載せてみます。

大久野はたけと田んぼの日々 5月17日

先月いろいろとまいた種。大体は発芽しているが、なかなか生長が悪い。連休後半の悪天候(強い雨)で、畑の表面が固められてしまったことが原因かもしれない。なかなか、思い通りにはいきません。ジャガイモだけはやたらと育ちがよく、これはこれで土寄せが追いつかない。困りものです。
さて、日の出町大久野では現在5ヶ所の田んぼがあり、そのうちの3ヶ所の田んぼに僕は関わっている。その3ヶ所、約3反(900坪)分の苗を僕の管理している畑で育てている。ここでは「畑苗代(はたなわしろ)」という方法をとっていて、通常は水田の中に苗代を作ることが多いのに対して畑の中で苗を育てている。4月の初旬に、前年収穫したお米から、種取り用にわけておいていたものを選別し、2週間ほど水を換えながら水につけておく。そして、芽がわずかに出たところで畑にまく。畝をたて種をまいて、土をかけ、よく押さえてから、黒のビニールマルチをかける。そして、約一週間後にはビニールマルチを不織布に替える。そしてまた一週後に不織布をはがす。6月初旬の田植えまで、ここまで順調にきているのでこのまま良く育つといい。「お米には八十八の仕事がある」というように、田植え前にもこのようにさまざまな作業がある。そして田んぼの方でも、畦塗り、荒起こし、代掻き、というような作業が続く。
田んぼの作業は畑とは少し違う。個人の田んぼであっても何人かが集まり、順番にそれぞれの家々の作業をみんなで担うという共同作業(これが「結」)の形がとられたのが田んぼ。ちまちまと一人で田植えをするのではなく、みんなで一斉に同じ日に作業をするということが稲の生育をそろえるために必要だった。これは現代でも、田植えや稲刈りをみんなでやることのおもしろさにつながってくる。いろんな年齢、いろんな顔、いろんな話が集まる場、というのは昔も今ももしかしたら変わらないのかもしれない。もし、田んぼの活動に興味のある方は僕にメールをください。田植えは6月3日(日)、お待ちしています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

春の種まきの日々 [田畑]

今日は、ゴボウの種まきをしました。
あと今月まくのは、里芋、山芋、ショウガ、トウモロコシ、キャベツ系、レタス系。
まいたのは、小松菜、ほうれん草、唐辛子、伏見甘長、カボチャ、ズッキーニ、キュウリ、オカヒジキ、カブ、春菊。だったかな。

米は、今週まきたいので、今は水に浸けているところ。
明日から暖かいところで芽出しをして、21日にまけるかな。
雨が少ない。今週は少し降ってくれることを期待しますが。
山火事が週1回ぐらい起こっているのが心配です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

大豆パチパチ [田畑]

昨日の乾燥であまりに大豆がはぜるので、あわてて収穫しました。
先週は小豆も収穫して、今年は比較的順調ですが、
その分脱穀が大変。

稲の脱穀はウルチが終わりました。今週末にモチ。
まだ籾すりをしていないので食べていないのですが、来週には食べたい。
そうこうしているうちに、タマネギを植えて、空豆とエンドウをまいて。
ここに来て急に晴天/乾燥した日々なので、畑仕事をなんとか追いつけなくては。

11月も10日を過ぎ、今年も終わりに近づいているような気がしてきました。
今年の目標は何だったか。
作った野菜やお米が、無駄にならずに、もう少し多くの人に食べてもらえるように、
田んぼの体験に来てくれている幼児園の子どもたちや家族の人たちや、
少し他の可能性も出てきつつはあります。
まずはおいしいものをつくる、ということなんだけれども、
どうやって食べてもらうか、ということを今月中にあらためて考えてみようと思います。

霜月の冷たい三日月葱の青

秋冬野菜 [田畑]

夏が長かったせいもあり、やや遅れ気味ですが種まき・植え付け中です。
白菜、ブロッコリー、キャベツ、大根、人参、カブ、オータムポエムなどなど。

稲は、10月3日の稲刈りにむけて、順調に色づいています。
各地で枯れているという里芋もうちの方ではなんとか頑張っています。
サツマイモ、落花生、大豆、小豆なんかも比較的元気なように思いますが、どうなることでしょう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ハチに刺される [田畑]

今日は、田んぼの横の山の草刈り。

草取りはとにかくなかなか進まないけど、
草刈りは機械なので、ドンドン進む。気分がいい。
ちょっと考え事をしながらそのはじっこまで行ったら休むか、と思っていた三時過ぎ。
突然左手に、ちょっと熱さを伴う痛みを感じた。
気づいてみるとハチがうろうろしてる。2箇所さされた。
サイズからいってアシナガバチだけど、はじめてなのでちょっとビックリ。
あわてて山を下りて、水路に手をつける。ぬるいけど仕方ないか。

いつもいろいろと相談する近所のNPO代表のおじさんに電話してみる。
「とにかく冷やして、もうこの時間だから今日は仕事を止めろ。で、安静にして、様子を見ろ。」
少ししびれている感じはあったけど、安心できた。
あと、たまたまいつも田んぼの手伝いに来てくれる近所のお母さんに会い、
「シソの葉をもんでつけるといい」、
と教えてくれて、シソの葉をつけて、一応ドラッグストアで薬も買った。

夜になってまだ熱のある感じはするけど、
それほど腫れてもいないから大丈夫そう。
しかし、気をつけましょう。

出穂! [田畑]

出穂(しゅっすい)です!
29日。結構早い気がするけど、ちょっと調べたら田植えから50日ということで、
普通なのかも。

やっぱり草取りが回りきれなかったけど、なんとか頑張ってほしいものです。
あと、もうちょっと雨が降ってほしい。
今日はプレキャンプ
DSCN4505.JPG



草取りの日々 [田畑]

ようやく梅雨も明け(おそらく関東は18日ぐらいまでに梅雨明けになるのではないかと)、
雨続きでほとんど入れなかった畑の草をせっせと抜いたり刈ったりの日々。

少しずつ畑らしくなってきた。
オクラ、モロヘイヤ、落花生、ショウガあたりが姿を現してきました。
コールラビは負けました。また秋に挑戦します。
一方で、空心菜の収穫が始まり、
ナス、トマト、ピーマン、インゲンなども収穫中です。

田んぼの方は、草取りできてるとことできてないとこがあります。
日曜日は、しかし、事情により草取りではなく山の作業の方に行きます。
今週ある程度畑のめどが立てば、来週は田んぼに回りたい。
田んぼはそろそろ中干しをしたいところでもあるのですが、草が。

来週からは一層暑そうです。
先日おじいさんに聞いた熱中症対策を一つ。
(ここらでは、熱中症のことを「あつけす」というようです。)
「だいこぐすり」です。
大根をすり下ろしたもののこと。
「あつけしたら、だいこぐすりを背中と足の裏に塗って、30分も昼寝してれば良いよぉ。
その代わり、針で刺したみたいに痛いけどな。」

…て、寝れないんじゃん。
早めの水分補給で、だいこぐすりを使わなくても良いように気をつけます。

最近のごはん
夏バテ対策に、ニンニクを使うとよさそう。
R0013866.JPG

R0013872.JPG

空心菜炒め、おいしい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。